スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
2011.10.20日本語学校・東進ランゲージスクール様留学生とドラムサークル
JUGEMテーマ:ドラムサークル

去る2011年10月20日(木)、東京・高田馬場の日本語学校、東進ランゲージスクール様の留学生を対象にドラムサークルを実施させていただきました。

参加した学生は韓国・中国からの留学生・先生方合わせて20名。
最初はすこし硬かったものの、途中休憩のあとから、少しずつビートが出来上がっていきました。
そのビートはゆったりとした穏やかなものでした。
最初のうちはその硬さゆえ、いろいろファシリテートしていったのですが、最後はほとんどファシリテートのいらない、落ち着いた優しいグルーブが続いていきました。

中でもある学生が当鉦(お祭で使う金属楽器)を正確なテンポかつ美しい音で叩いてくれたのはかなり助かりました。その学生、あとで聞いてみると、母国(韓国)でケンガリ(韓国のサムルノリで使う小型のドラ)の経験があったそうです。自宅にケンガリがあったので持参すればよかったなあ、とちょっと後悔しました。

今回使用した楽器は日本・韓国・中国の打楽器でほぼ構成しました。
日本で日本語を勉強し、日本との橋渡しとなる留学生の皆さんを楽器の形で表しました。

そして、この時間の体験が留学生の皆様の未来に少しでも役立つことを願っております。

最後にこのドラムサークルの招聘元であり、さまざまなご厚意を賜った東進ランゲージスクール様の和田陽一校長先生及び先生・スタッフの皆様、ドラムサークルで使う中国語についてご教示を賜った、私の友人である早稲田大学商学部教授(語学・中国語)小川利康氏、そして今回のドラムサークルで使用した貴重な団扇太鼓を快くお貸し下さったDRUMAGIK佐々木薫氏に心から御礼申し上げます。ありがとうございました。

よろしかったらクリックお願い致します。↓
| さとりん | ドラムサークル・イベント報告 | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:10 | - | - | -









http://satorindcf.jugem.jp/trackback/89