スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
鼓童「うぶすな」東京公演
JUGEMテーマ:和太鼓
久々の更新です。
去る3月30日(土)、東京・三宅坂の国立劇場に、和太鼓グループ「鼓童」の「うぶすな」公演を観に行って参りました。

この公演は、鼓童舞台メンバーの中のベテランメンバー5名(藤本吉利・小島千絵子・藤本容子・山口幹文・齊藤栄一の各氏)の太鼓・舞踊・唄・笛等を中心に、鼓童の若手メンバーがサポートしていくといったものです。

とにかくベテラン陣の存在感が凄かったです。

ステージが広々としていたにも関らず、ひとたびステージに姿を現すと、その個人個人が持っている「もの」がステージ一杯に広がっていきました。ただ演奏するとか、踊るとか、そんなことはどうでもよくて、その一人ひとりの舞台での「在り方」を思い切り堪能したステージでした。まさに幽玄の世界が表出したといって過言ではありませんでした。

よく、年齢を重ねると枯れた芸になるとか言いますが、彼らは「枯れる」ことはありません。凄みを増すばかりでした。特に、太鼓を叩かせると、力一杯太鼓を叩いているはずの若手の何十倍ものパワフルな音が返ってました。

そして、舞台衣装とのセッションが素敵でした。
デザイナー時広真吾氏のデザインした衣装は、演者が動くほどに身体に馴染み、生地が織り成すしわでさえも演者の表現を際立たせていました。

休憩無しの1時間40分の舞台、あっと言う間でした。

最後に、こんな舞台を共にできた若手メンバー、ベテランから何を受け取ったでしょうか。
今後が楽しみです。

| さとりん | 徒然。 | 00:17 | comments(2) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:17 | - | - | -
さとりーん♪ お久しぶりです!
お元気してますか?


「うすぶな」の動画、とても感動しながら拝見しました(^^)
ベテラン陣の太鼓に濯ぐ心意気みたいなものが感じられ、胸がジーンとしました。

私達の会は、年齢による太鼓を考えさせられてる時期で、芸能の良いところは老若男女が共に楽しめる… でも当然、年齢によって方向性や目的が変わってくるのは歴然としてて…

でも、さとりんが提供してくれた鼓童の映像から「心を込めて打ち込む」を感じることができました。

どんな世界でもジェネレーションギャップがあって、でも、それこそ活かすべきチャンスって考えれば、もはや、世界観が広がるかもしてないですね☆

…にしても、山口さんの篠笛の音色♪ 素晴らしい〜ですね\(^o^)/
| 璃絵 | 2010/04/24 12:23 PM |
璃絵ちゃん、お久し振りです!
そのとおり、年齢なんて関係ないっすよ。
鼓童のベテランメンバー、若手に完全に勝ってましたよ♪
璃絵もきっと良い演奏ができているし、会のベテランメンバーも良い演奏ができている筈ですよ。
いつかそちらに聴きに行きたいな。
| さとりん | 2010/04/24 4:17 PM |









http://satorindcf.jugem.jp/trackback/37